分譲賃貸マンションの総称

アパートや賃貸マンションとは違う分譲マンションの1室だけを賃貸することを、皆さんは何と言い表していますか? 実情では、その呼び名がいろいろと存在している。その中でもよく使われる用語としては、「分譲賃貸」という言葉がある。この用語は、分譲マンションの賃貸が短縮されたものであろうと思われるが、この「分譲賃貸」が全国各地で一番幅広く普及している用語でしょう。このコラムでは、以後「分譲賃貸」という用語で統一させていただきます。 また特に首都圏を中心として、「リロケーション」と表現される方もおります。この「リロケーション」とは、一般的に転勤による転任期間のみの賃貸という意味であり、分譲マンション問わず、一戸建の賃貸も含んでおります。その他では、「分譲仕様」という言い方などもあるようです。 北国の札幌では、「分譲リース」という表現が一般的であり、幅広く札幌の人々に認知されている。これは分譲マンションのリースが短縮されたものであり、既に造語化されており、最近では一戸建の賃貸も「分譲リース」と呼ぶ方が出てくるほどです。 マンション専門プラザでは、この「分譲賃貸」「リロケーション」「分譲仕様」「分譲リース」を専門に賃貸管理している不動産会社です。あなたはどの呼び方が分かりやすいでしょうか?