アパートの大家さんと分譲賃貸の大家さんの違い

マンション専門プラザは、分譲賃貸マンションのオーナー様より賃貸管理の依頼を受け、賃貸入居者の斡旋~賃貸借契約の締結~入居中の家賃の回収やトラブル・クレームの対処~入居者退去時の各種清算業務などの賃貸管理業務を行っております。弊社では、これらの業務の依頼をお受けする際に特に気を付けていることがあります。それは分譲賃貸のオーナー様とは、「賃貸業に関しては素人の大家さんが多数」ということです。
アパートの大家さんとは、収益を目的に賃貸業を行っている方が多く、これらの業務を日常的に体験・学習し、そして豊富な知識を有している方が多いでしょう。しかし分譲賃貸の大家さんとは、自己居住用として購入し、買換えや転勤、親の介護のため、又は売却したくても住宅ローンの残債が多いために、やむを得ず賃貸するという方が多数おります。そのため弊社が分譲賃貸のオーナー様から賃貸管理業の依頼をお受けする際には、取引きの一連の流れ、入居者が見つかりやすくする方法、家賃の根拠、原状回復の考え方、様々なリスクやその回避方法、大家さんとしての心得などをじっくりと時間を掛けてご説明しております。また分譲賃貸マンション特有の「将来また戻って来て再居住する可能性がある」という場合には、定期借家契約のメリット・デメリットも詳しくご説明いたします。この他にも、分譲賃貸の大家さん特有のものとして、海外転勤時の手続きの方法、住宅ローン控除を受けられている方へは、再居住による住宅ローン控除の再適用の説明などもいたします。
しかしアパートの大家さんと分譲賃貸の大家さんの一番大きな違いは、空室の家賃リスクの違いです。アパートの場合は、1部屋が空室でも他の部屋が入居中であればそれなりの家賃収入を得ることができますが、分譲賃貸の場合では、その部屋が空室であれば家賃収入はゼロとなってしまいます。

マンション専門プラザには、家賃収入のリスクを減らすために、空室期間でも家賃収入を得ることのできる家賃保証システムを用意しております。この他にも家賃滞納があった場合の家賃滞納保証やメーカー保証の切れた設備が故障してもその修理費用又は交換費用が支払われる保険(共済会)など、多数のリスクを回避できるオプションをご用意しております。