公共料金の手続き

オーナー様が引っ越しをされる前には、電気・ガス・水道・電話・新聞などの公共機関や取扱店へ移転(休止)の連絡をしなければなりません。そしてこれらの連絡を怠ると、思い掛けないトラブルに発展することもあります。
これは実際に分譲賃貸マンションで起きたトラブルです。分譲マンションにお住まいのオーナー様が、それまで自ら住んでいたお部屋を分譲賃貸マンションとして貸すために他の住居へ引っ越しをした際に、水道局へ移転の連絡を忘れてしまいました。オーナー様の引っ越し後、間もなくして借主が決まり、入居者が引っ越してきました。
数ヶ月後、オーナー様から「もしかしたら賃貸の入居者が支払わなければならない水道料金を支払っているかもしれない。」という連絡が弊社に入り、状況を確認したところ、やはり賃貸の入居者が使用した分の水道料金をオーナー様が数ヶ月間支払っていたことが判明しました。入居者にも状況を確認すると、引越当初、部屋の水道の蛇口を捻ると普通に水が使えたため、特に水道局への使用開始の連絡はしなかったと言います。しかしオーナー様の名義の水道料金明細書は、毎月マンションの郵便受けに入っていたはずですので、恐らく賃貸の入居者はこの事実を理解した上で黙認していたのでしょう。結局、水道料金はある程度遡って概算で計算して、入居者にお支払いいただいたというトラブルです。
オーナー様の引っ越しの際にオーナー様が移転の手続きを行っていれば、その後、賃貸の入居者が使用開始の手続きを怠ったとしても、毎月の水道メーターの検診によって、もっと早い段階で判明していたトラブルでした。