修繕のできない排水管

これは約40年前に施工された分譲賃貸マンションでの配水管詰まりの事件簿です。
賃貸の入居者より、「浴室の排水口が詰まり、水が洗い場までオーバーフローしてしまう。」と連絡がありました。早速、水道業者が現地を訪れ、浴室の排水口を確認したところ、排水口自体に詰まりは無いため、その奥の排水管が詰まっているという判断でした。
通常、このような排水管の詰まりでは、水の圧力で排水管の汚れを洗い落とす高圧洗浄という方法と、薬品を流し入れて詰まりの原因である髪の毛やヘドロを溶かす方法があります。しかし老朽化が進んでいる鉄管は、高圧洗浄の水の圧力に耐え切れず、配管自体に亀裂が入ってしまう可能性があります。また汚れを溶かす薬品も同様、鉄管自体を溶かしてしまう可能性があるため、詰まりを解消する術がなく、対処のしようがありません。唯一の解決策としては、浴室を解体して排水管自体を交換するしかありませんが、居住中のお部屋ではそこまでの大工事はできません。この時は比較的弱い薬品を流し入れて様子を見たところ、幸いにも詰まりが解消されたため、定期的に薬品を流しいれることで対処いたしました。
また他の現場では、専有管である給水管の一部を交換しようとしたところ、接続先の共用管が古く、専有管の交換作業中に共用管側に問題が生じる可能性があるという理由で工事を引き受けてくれないことがありました。古いマンションの給水管や排水管には、意外と目に見えない落とし穴があるため、賃貸する前に調査をしておくことをお奨めいたします。