マンプラの愉快な仲間たち

←ゴルフ放浪記 Vol.11「川越カントリークラブ」 そうだ、会津若松へ行こう!→

ゴルフ放浪記 Vol.10「富士レイクサイドカントリー倶楽部」

10月10日  本日は、宅建協会赤坂地区ゴルフコンペに参加して来ました。昨年初出場で初優勝して以来の参加となります。前回優勝してしまったため、ハンデをガッツリ減らされ、相当良いスコアーで回らなければ入賞もできない状況です。

今回の戦いの舞台は、富士山の麓、山梨県にあります「富士レイクサイドカントリー倶楽部」です。昨年一度回ったことがあるコースで、難しかったという印象だけ残っています。そしてこの日は、信じられないような晴天となり、富士山や山中湖がいつもより綺麗に見えていました。

私はコンペの時は、いつも集合の1時間半から2時間前には現地に着くように家を出ていきます。8時15分集合ですので、6時30分に到着。もちろん一番乗りですが、フロントの受付が7時から。よくある話です。仕方なく、駐車場に車を停め、少し肌寒かったのですがクラブハウスの周りを散歩しており、ふと見た草木に水滴が。車に戻り外気温を調べるとなんと9℃。9℃と知った瞬間、急に寒さを感じました。

受付後、早速練習場へ。この日のために、ここ4~5日、毎晩缶詰練習の日々でした。その効果か、練習場ではビシビシ当たり、パターの練習もタッチと芝目の読みもバッチリ。今日もしかしたら…と思えるほどの調子の良さ。

スタートの1番ホールは、2組目のスタートのため、ギャラリーがたくさんいる中の緊張のティーショット。珍しくフェアウェイど真ん中で距離もかなり出ていました。が、しかし、2打目以降のアイアンショットが振るわず、そして久々に難しいグリーンで苦戦し、ボギー発進。その後も、特に難しく早いグリーンに悩まされ、最後まで調子に乗ることができず終了。見せ場は160y弱のパー3で、8Iで打ったボールがあと50cmという、あわやホールインワン。ニアピン賞GETでした!

順位はというと、32人中12位。スコアーは2番目に良かったのですが、やはりハンデがきつかった~。また来年、頑張ります!

コンペの戦利品としていただいた山梨のお豆腐4丁は、帰りにお世話になっているオーナー様の家に寄った際のお土産とさせていただきました。

尚、ホームグランドでのクラブ選手権の予選は、先日の台風の影響でコースが使用できず、11月24日に延期となりました。。。

マンプラ 近藤

←ゴルフ放浪記 Vol.11「川越カントリークラブ」 そうだ、会津若松へ行こう!→