分譲賃貸コラム一覧 最新投稿コラム

定期借家契約の途中解約

2017.09.05
分譲賃貸マンションでは、オーナー様の転勤によるリロケーション(転勤期間の賃貸)や、定期的に売却を検討できるようにと定期借家契約を利用するケースが多くなります。そして定期借家契約は、契約期間中の貸主側か…続きを読む →

軽微な補修業務

2017.08.25
賃貸物件の管理業務でよくある対応が、設備の故障対応です。機械設備の故障については、メーカーや専門職の方に対応いただきますが、軽微な補修もメーカーなどに修理を依頼する必要があるのでしょうか? 今回のコラ…続きを読む →

分譲賃貸マンションの賃貸管理」業務とは

2017.07.13
分譲賃貸マンションの賃貸管理業務とは、アパートや賃貸マンションの賃貸管理業務と若干の違いがあります。 以下の29項目は、マンション専門プラザの標準管理業務になります。標準管理業務でありながら、他の管理…続きを読む →

賃貸経営の法人化のメリットとデメリット

2017.05.30
分譲賃貸マンションのオーナーとは、分譲マンション1室の賃貸業を営む個人事業主のオーナーが多く、毎年の確定申告さえ行えば良いと思われているオーナーも多いと思います。しかしある程度の規模で賃貸業を営むオー…続きを読む →

立退き交渉の現実

2017.05.30
『アパートの大家さんと分譲賃貸の大家さんの違い』のコラムでもご説明した、分譲賃貸マンションの特徴の一つである、「貸主側からの賃貸借契約の途中解約や更新の拒絶」について、実際の現場ではどのようにして立退…続きを読む →

ハウスクリーニング特約

2017.05.20
本来、借主の退去時のハウスクリーニングとは、通常使用による損耗の回復とするため、貸主の負担で行うこととなります。しかし賃貸借契約時に、「借主の退去時のハウスクリーニングは借主の負担とし、借主は専門業者…続きを読む →

リフォーム・リノベーション・スケルトン

2017.04.01
最近よく耳にする「リノベーション」。そもそも「リフォーム」 と「リノベーション」では、何が違うのでしょうか? 実は、両者 を線引きする規程・定義はありませんが、一般的には次のように分類します。また「リ…続きを読む →

定期借家契約の落とし穴

2017.04.01
リロケーションのような転勤などの理由で自宅を賃貸する場合、今までの分譲賃貸コラムでは、転勤先から戻ってきた時の住まい(賃貸借契約の解約)のことを考え、定期借家契約を利用することが有効的だと述べてきまし…続きを読む →

旧居住者のメール便

2017.03.03
引っ越しの際には、郵便局へ郵便物転送のための転居届けを提出 するのが一般的です。手続き後は、1年間、旧住所に配達された郵 便物が、自動的に新住所へ転送されます。そして1年後、再度手続 きを行うことによ…続きを読む →

家賃査定の仕組み②

2016.10.03
今までにも家賃の設定に関しては、分譲賃貸コラム(「入居者の募集条件」「敷金と礼金と家賃の関係」「駐車場と家賃の関係」「リフォームと家賃の関係」「定期借家契約の賃料計算」「上手な家賃の設定方法」)でご紹…続きを読む →